株式会社 Jコスト研究所

Google Translate

J-Cost Research Center

Jコスト研究会

1. 目的

  1. 『Jコスト論』を改善手法として更に分かり易いように改良していく。
  2. 『Jコスト論』を管理会計学として構築し,ITと結合させリアルタイムで資金の流れを把握する仕組みに挑戦する。
  3. 運転資金の総額を抑える改善だけで無く,振れ幅を抑える現場実務改善を行い,資金効率の向上を目指す。
  4. 『Jコスト論』に関係する内外の論文を評価し紹介する。

2. メンバー(五十音順)

井岡 大度 国士舘大学 経営学部 准教授
工学修士
管理会計、原価計算 研究テーマ例 : ABC MFCAなど
著書例「経営戦略の新展開」(共著)2010
奧 雅春 株式会社 smart-FOA 研究会 代表取締役
東京大学 MMRC 特任研究員
玉川大学 客員教授(元ブリジストンサイクル会長)
王 志 上智大学 経済学部 経営学科 准教授
博士(商学)
小酒井 正和 玉川大学 工学部 マネジメントサイエンス学科・准教授
経営学博士
北山 一真 株式会社プリベクト社 代表取締役
著書『赤字製品をやめたら、もっと赤字が増えた!』2009日刊工業新聞
左海 冬彦 一般財団法人 建築行政情報センター建築行政研究所 研究部長
清 威人 エイムネクスト株式会社 社長
K.I.T. 虎ノ門大学院 客員教授
著書『スマート・ファクトリー』2010英治出版
田中 正知 (株)Jコスト研究所 代表取締役
東京大学大学院MMRC特任研究員
ものつくり大学名誉教授(元トヨタ自動車物流管理部長)
原 慎之介 名古屋外国語大学国際ビジネス学科助教
博士(商学)
柊 紫乃 山形大学大学院理工学研究科工学部システム創成工学科 准教授
博士(経営情報科学)

3.『Jコスト論』関連論文紹介

『Jコスト研究会』で,Jコスト論を正しく伝えていると判断した文献を選んでそのタイトルを掲示いたします。

『Jコスト論』に関心をお持ちの研究者の皆様,『Jコスト論』に関連する論文を書かれたり,読まれましたら,お手数ながら本HPの「お問い合わせ」へご一報下さい。

Jコスト論関係

2016年1月追加分

  1. 原慎之介(2013)
    「Jコスト論における会計上の利益獲得の視点と資金の効率的利用の視点」
    『原価計算研究』第37巻 第1号 53-63頁.
  2. 王志(2014)
    「JIT生産方式と管理会計研究一JIT生産方式が管理会計研究の対象となりうるのか」
    『會計』第186巻第7号,71-82頁.
  3. 王志(2015)
    「JIT生産方式と管理会計研究―JIT生産方式がいつ管理会計研究の対象となったのかー」
    『原価計算研究』第39巻第1号,22-31頁.
  4. 王志(2015)
    「 如何综合考核现场管理绩效」
    『财会学习』(中国の会計専門誌),第5期,20-22頁.
  5. Zhi Wang(2015)
    Yasuhiro Monden. Financial Performance Measures for the Lean Production System.
    (Chaper 7 in Lean Management of Global Supply Chain, editor: Yasuhiro Monden)
    World Scientific Publishing, 2015. pp.147-159.

  1. 原慎之介(2014)
    「サプライチェーンの会計的支援に関する研究」

    一橋大学大学院 商学研究科 博士(商学)学位取得論文
  2. 原慎之介(2014)
    「トヨタ生産方式が資金に及ぼす影響についての一考察」
    『産業経理』第73巻 第4号 114-122頁.
  3. 王志(2011)
    「製造現場の業績評価のための新しい統合指標の検討」
    『企業会計』Vol.63 No.8
  4. 王志(2011)
    「製造現場における戦略的原価管理体制の再構築にむけての研究」
    一橋大学 大学院商学研究科博士(商学)学位取得論文
  5. Hiiragi, S.(2011)
    Performance Measurement of an Inter-Firm Network from the Viewpoint of the Reduction of the Total Lead Time for Investment Recovery
    Japanese Management and International Studies Vol. 8, Management of an Inter-Firm Network,
  6. Hiiragi, S.(2010),
    Accounting to Make Effective Use of "Genba" Spot Power-For the Fair Performance Evaluation and Implementation of Total Management Control-
    Journal of Society for Sociel Management Systems (SMS10-112)
  7. KOZAKAI, Masakazu, (2010)
    “The Impact of J-Cost Theory and Material Flow Cost Accounting on Manufacturing Businesses,”
    Journal of Management Science (International Conference on Business Management), Vol.1,10,pp.23-30.
  8. KOZAKAI, Masakazu, Mamoru Ayuba, Takafumi Osada, YoshinaoTakahashi, (2010)
    "New concepts in cost management aiming at profitable product development and production: A feasibility study of J-cost theory at Japanese manufacturers,"
    Proceedings of International Conference on Business Management 2010 (Japan-America Institute of Management Science), pp.174 -184.
  9. 王志(2010)
    「トヨタ生産方式における現場の改善成果の会計管理への関連づけに関する一考察」
    『一橋商学論叢』Vol.5 No.2
  10. 清威人(2010)
    『スマート・ファクトリー』
    英治出版
  11. 田中正知(2009)
    『トヨタ式カイゼンの会計学』
    中経出版社
  12. 田中正知(2009)
    「Jコスト論と改善活動」『トヨタ 原点復帰の管理会計』
    河田信編著第6章 中央経済社
  13. 柊紫乃(2009b)
    「TPS(トヨタ生産方式)の原点回帰-投下資本の回収効率向上の観点から-」
    『大原社会問題研究所雑誌』No.608,pp.17-31.
  14. 柊紫乃(2009a)
    「TPS(トヨタ生産システム)と会計評価-適正な企業業績評価の実現可能性」
    博士論文.
  15. 左海冬彦 (2009)
    「Jコスト論による建築生産の収益性分析について」
    日本建築学会第25回建築生産シンポジウム論文集
  16. 田中正知(2008)
    「Jコスト論と改善活動」pdf
    『企業会計』Vol.60, No.9
  17. 廣本敏郎(2008)
    「トヨタにおけるミクロ・マクロ・ループの形成ー利益ポテンシャルとJコスト」
    『企業会計』Vol.60, No.9
  18. Hiiragi, S.(2008)
    ACCOUTING SUITABLE FOR THE JUST-IN-TIME PRODUCTION SYSTEM (JIT) ---FAIR PERFORMANCE MEASUREMENTS BASED ON EVOLVING A CUSTOMER-VALUE-ORIENTED"JIT PULL SYSTEM
    The 13th Annual International Conference on Industrial Engineering Theory, Applications & Practice(発表論文集)
  19. 左海冬彦 (2008)
    「Jコスト論による鹿児島建築市場の生産性計測の実証実験と考察」
    日本建築学会第24回建築生産シンポジウム論文集
  20. 藤本隆宏(2006)
    「ものづくり論から見た原価低減」pdf
    東京大学COE ものづくり経営研究センター MMRC DP No93
  21. 田中正知(2005)
    「自動車産業に於けるSCMとその評価法の一考察 ~Jコスト論~」pdf
    『日本造船学会講演会論文集第5号』
  22. 田中正知(2004)
    「時間軸を入れた収益性評価法の一考察~Jコスト論~」
    pdf
    『IEレビュー』 Vol.45 No.1
  23. 田中正知(2004)
    「物流と荷主企業の収益性に関する一考察~Jコスト論~」pdf
    『海運経済研究第38号』

リーン・アカウンティング関係

  1. Stenzel, J. eds.(2007)
    Lean Accounting-Best Practices for Sustainable Integration-
    John Wiley & Sons,Inc.
  2. Maskell, B. H., Baggaley B., Katko N., Paino D.(2007b)
    The Lean Business Management System-Lean Accounting: Principles & Practices Toolkit
    BMA Inc.
  3. Maskell, B. H., Kennedy, F. A.(2007a)
    Why Do We Need Lean Accounting and How Does It Work?
    The Journal of corporate accounting & finance,Vol.18 Issue3, pp.59-73.
  4. Cunningham, J. E., Fiume O. J. (2003)
    Real Numbers-Management Accounting in a Lean Organization-
    Managing Time Press.
  5. Maskell, B. H., Baggaley, B.(2005)
    Lean Accounting : What’s It All About?
    Target Magazine ( Association for Manufacturing Excellence), pp.35-43.
  6. Maskell, B. H., Baggaley, B.(2004)
    Practical Lean Accounting-A proven System for Measuring and Managing the Lean Enterprise-
    Productivity Press

時間を意識した管理会計論関係

  1. Kaplan, R. S., Anderson, S. R. (2007)
    Time-Driven Activity-Based Costing-A Simpler and More Powerful Path to Higher Profits
    Harvard Business School Press.(邦訳:前田貞芳ほか訳(2008)『戦略的収益費用マネジメント-新時間主導型ABCの有効利用』)
  2. Kren, L., Tyson, T.(2002)
    Using Cycle Time to Measure Performance and Control Costs in Focused Factories
    Journal of Cost Management, November/December.
  3. Preiss, K., Ray, M(2000B)
    Time-Based Costing: Part2-Scope and Application
    The Journal of Corporate Accounting & Finance Vol.11, No.6, pp.47-56.
  4. Preiss, K., Ray, M(2000a)
    Time-Based Costing: Part1-Costing for a Dynamic Business Environment
    The Journal of Corporate Accounting & Finance Vol.11, No.5, pp.65-74.
  5. Maguire, N. G., Peacock, E., (1998)
    Evaluating the Cost of Lead-Time on the Supplier Selection Process: An ABC Driven Methodology
    Journal of Cost Management, November/December, pp27-38.
    Harvard Business School Press.
    (邦訳:前田貞芳ほか訳(2008)『戦略的収益費用マネジメント-新時間主導型ABCの有効利用』)
  6. O’Brien, J., Sivaramakrishnan, K.(1994)
    Accounting for JIT: A Cycle Time-Based Approach
    Journal of Cost Management, November/December, pp.63-70
  7. Thomassen. J.P., Wiele, T.V.D.,(1992)
    The Price of Wasting Time
    The TQM magazine, Vol.4 No.2, pp115-119